« ピアニスト | トップページ | 外食 »

2009年6月20日 (土)

臓器移植

先日、臓器移植改正案(A案)が衆院で可決された。

これは、脳死を「人の死」とするもので、15歳未満からの臓器提供が可能になる。

これにより、国内での臓器移植が出来るようになる。

現状、アメリカに行って移植するしかない。

しかも、膨大な手術代がかかる。

平均8千万~1億円ぐらいらしい。

だから、心臓に持病を持っていて手術待ちしている人達にとっては大喜びだ。

でも、喜んでいる人達ばかりではない。

脳死状態でも、呼吸器を付けながらでも、ベットに寝たきりでも、ずっと目を開けなくても、生きている人はいる。

体毛も伸びるし、身長だって伸びる。

そうゆう人達にとっては、とても納得のいかない事だろう。

脳死が「人の死」って事は、脳死状態の人は死んでいる事になりこの世に存在しなくなってしまうのだ。

賛否両論で難しい問題だ。

自分にとって今は関係のないけど、いつどうなるかわからない。

最終的に誰もが納得出来る法案になればいいな。

では、また。

|

« ピアニスト | トップページ | 外食 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臓器移植:

« ピアニスト | トップページ | 外食 »